一人を生きる -希望の彼方に-

セミリタイアした男が、激動の時代、一人をどう生きるかを問うブログです。節約、健康、恋愛、スピリチュアルなど多彩なテーマを扱います。

恋愛と、セミリタイア(早期退職)は、両立できるのか?

 

 


 

 

 長い間、一人で生きてこられた方には、恋愛体験はある方と、そうでない方がいらっしゃるでしょう。人の数だけ、世の中、ドラマがありますから、人それぞれ、あってよいと思いますが。

 

 

 わたしは、長く一人で過ごしてきたために、一人でいるほうが安らぎを覚えてしまう習慣が板についてしまいました。そのため、なぜか現在では、主体的に恋する者ではなく、観察者のような立場に立っているようです。

 

 せっかくですから、その現在の立場から、モーツァルトの歌劇【フィガロの結婚】に出てくるアリアのように、考えてみましょうか?「恋とは、どんなものかしら」

 

 

 人の数だけ恋の数があるとしたら、夜空の星の数どころでない、天文学的数字になるはず。そうなると、分析も簡単なのでは?分析対象が石ころのように、転がっているからです。

 

 

 余談ですが、天賦の才能を授かった詩人のなかには、路傍の石の声を聞くことができる方もいるそうです。石ころに精神を感じ取り、神の被造物との認識を持てるなんて、なんとも素敵な境地だと思いませんか?

 

 

 

 

 それでは、本題に戻りましょう!!

 まずは、恋に落ちることのメリットと、デメリットについて並べてみましょう。

 

 恋をしたこともないおまえのようなやつに、恋を語る資格はない、などとおっしゃらないでください。今宵は(昼かも?)、恋バナしませんか?

 

 

【恋するメリット】

  1. 本当に相性がよければ、しあわせになれる。
  2. 悩みを相談できる相手ができる。
  3. 老後に、身の回りを世話してくれる人がいて、安心できる。

 

 

 

【恋するデメリット】

  1. せっかく板についてきた『自分一人で考えて、解決する』勝利の方程式が崩れてしまい、思い通りにできないもどかしさがある(あくまで予想です)。
  2. いままでひそかに、『これがオレの長所だ。』と自信を持っていた点を否定されると、一気に気力が萎える。別の人格を演じ続けなければならないような、恐怖感、絶望感に襲われる(経験がないので、これも想像の域を出ない)。
  3. 老後に(退職後などに)、趣味に没頭しようと夢見ていたが、自分の親と配偶者の親、子供、孫、親戚など、ありとあらゆる人間関係に呪縛され、身動きが取れなくなる。盆や正月の快適さが過去のものとなる。『こ・・・こんなハズじゃなかった・・』と嘆きの日々を送る(過去世の記憶なのか?なぜ予想のつもりで書いているのに、どこかリアルに感じる自分の言葉…)。

 

 

 

 このように、面白いことに、実際に並べてみると、メリットよりも、デメリットのほうに力点が置かれているのがわかりました!

 これが既婚者となると・・・逆転するのでしょうか、それとも、もっとデメリットの行が倍増するのでしょうか・・・

 人によって価値観が違うのが普通なので、わかりませんが、ぜひ既婚者の方に聞いてみたいものですね!

 

 

 もちろん、アンケート調査を実施したわけではありませんし、ただのわたしの主観に過ぎませんので、ほかにもさまざまな意見があってよろしいと思いますよ。 

 

 

 f:id:a-cosmos:20200810153611j:plain

 

 さらに、疑り深い性分だと、掘り下げて探究したくなってしまいます。

 恋にメリットはあると、本気で信じてよいのでしょうか?美談か、気休めなのではないか、という疑義が払拭しきれません。

 

 

【恋するメリット ~より詳細な分析】


 1.本当に相性がよければ、しあわせになれる。

   ↓

 

 しかし、自分で、メリットに挙げておきながら何ですが、これにも、問題があります。

 最初の出会いの時の容姿やキャラクターは、時間の推移とともに、変化していくものだからです。

 

 容姿は当然、風化していきます。

 

 さらに、一人であれば無事に安息な老後を迎えることができたであろうキャラクターが、相手に気に入られたい気持ちを打ち消すことができずに、どこか妥協案、折衷案のような落としどころに収まってしまう。

 

 

 若くしての出会いであれば、出会いこそが運命と受け止められるでしょう。

 でも、一人暮らしが長い人間には、みずからのアイデンティティの否定につながる恐怖がつきまといます。そこまでして、いまから必要なのか、と本心から思ってしまいます。

 

 

 

【恋するメリット ~より詳細な分析】

 

 2.悩みを相談できる相手ができる。

 

   ↓

 これまで、曲がりなりにも、人生の窮地を究極には一人で切り抜けてきた者には、悩みを打ち明ける、つまり相手に弱みを見せたり、上手に甘えることが苦手です。

 

 かりに、配偶者が相談に乗ってくれても、相手の流儀で切り返され、何か物事を決定するさいに主導権を握られるのではないかと不安になります。

 

 これは、裏を返して、【デメリット】1.と同じことを意味しています。

 

 

 

【恋するメリット ~より詳細な分析】

 

 3.老後に、身の回りを世話してくれる人がいて、安心できる。

   ↓

 

 『やったぜ、苦節●●年、遅れてきた青春』、『ついにつかんだ幸せ』と喜ぶのも束の間、相手が先に倒れたら、さらには先立たれたら、と不安ばかりが脳裏をよぎります。

 

 反対に自分が倒れた場合に、いつも笑顔で介抱してくれるのか・・・。

 なんだか、折り返し地点を過ぎてここまで来てしまったからには、道連れにするのは恐縮極まりない気がしてしまう。

 ・

 ・

 ・ 

 

 べつに、最初から結論ありきで語ったつもりはないです、念のため。

 

 だけど、やはり、素直に、恋に身を任せられる年齢ではなくなったひがみなのでしょうか?いえいえ、わたしは根が明るいので、ひがんだりはしません。やっぱり、今の自分は、早期退職して、ゆっくりと自分自身と向き合える時間ができて、よかったと思えている何よりの証拠なのでしょう。

 

 

 

 

【おまけ】

 若い頃は、恋愛がらみのニュースに接しても、無感動というか、まったく他人ごと感でいっぱいでした。

 たとえば、保険金に絡んだような事件の報道です。初老を過ぎた途端に、急に異性に接近されて『モテ期が来た』というのは、どこかわたしには不自然に思えます

 自分の置かれた対場をわきまえて、浮かれないで、冷静に居たいですよね。恋したら、その冷静さが奪われてしまうので、ふだんからの心がけが大事になるのですね(笑)

 

 この先、不穏な事件に巻き込まれてワイドショーのネタにされて人生を閉じる、そんな悲劇になるよりは、青空をながめて、美しい詩句を思い浮かべたり、音楽を流して時の流れを忘れたりして、心静かに過ごしたい。そう願っています。

 

 

 

【まとめ】

  • もちろん、どのような人生を送るかは、完全にひとの自由です。恋愛も結婚もご自由にお願いします。
  • ひとはだれでも、自分が置かれた立場を無意識下に肯定する心理が働くものです。わたしに共感する面があると感じられた方は、そう感じているのは自分だけではないと自信をつけてください。そう感じられなかった方は、もしかしたら、あなたの職場の上司や同僚で、わたしのような考えを持つ人間がいるかもしれませんから、世渡りの術を磨くヒントにしてくださればさいわいです。

 

 

 恋に恵まれない一人の男が、熱く恋について語る。いいじゃないですか、このブログ。そのわりに、アクセスが少ないのは、まだ始めて1週間程しか経過していないからでしょうか・・・。

 

 

 でもこうして、読者のみなさんと、在職中にはだれにも言えなかった話をできるなんて、Googleさんやマイクロソフトさんに感謝ですね。

 

 

 わたしの性格上、恋バナについては、そういつも頭の中にあるわけではないので、というより、むしろ、ほとんど縁がないので、このカテゴリーは更新回数が多くはならないかもしれません。しかし、取り組んでいるうちに面白さを発見して、最多ジャンルになる可能性も否定できません。

 

 もし、面白い発見があったら、この恋のジャンルでも記事を更新していきたいと思います。一番苦手だと思っていた分野に、隠された才能があったりして・・・

 

 

 それでは、また!