一人を生きる -希望の彼方に-

スピリチュアルな観点から、一人をどう生きるかを語るブログです。                                               地球の激動期にあたる現代に、3次元と5次元のはざまで孤軍奮闘する方々に、真実探求と役立つ情報を、希望とともにお届けします。                 スターシードの自覚がある方、UFOや超常現象に興味のある方、自然界や芸術に癒されたい方、大歓迎です!

スポンサーリンク

【お知らせ】西暦2022年11月から、Amazonミュージックの聴き方が変更になり、当サイト音楽記事で扱う曲を聴く場合も、注意が必要です!









 

【お知らせ】西暦2022年11月から、Amazonミュージックの聴き方が変更になり、当サイト音楽記事で扱う曲を聴く場合も、注意が必要です!

 

 

 

 

 

 

 音楽とアセンションをこよなく愛するみなさまに、お知らせがあります。

 

 

 もうご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、Amazonミュージックでは、これまで、年額4,980円で、約200万曲が聴き放題とされてきましたが、このたび、西暦2022年11月からは、これまでの通常コースでは、好きな曲を聴けなくなってしまいました・・・

 

 

 

 

「アンリミテッド(unlimited)」に変更しないと、好きな曲が聴けない

 

 どういうことかというと、たとえば、表示されたアルバムの7曲目を聴きたい、として、これまでだと、7曲目のタイトルにカーソルを合わせてクリックすれば、ピンポイントで、その7曲目が聴けました。これがふつうだと考えますよね?

 

 しかし、2022年11月からは、たとえ、こちらが7曲目をクリックしても、その曲は流れず、自動で機械によってシャッフルされた曲の先頭(1曲目)から再生されてしまいます。

 

 

 どうしたら、これまでどおり、再生して好きな音楽に浸れるのでしょうか?

 

 

 その答えは、「アンリミテッド(unlimited)」というコースに変更することで、解消します。

 

 

 これまでのコースのままだと、全楽曲のうち、数パーセントのみ、選べるとされますが、99パーセント近くは、自動的に表示された曲から順に、連続演奏されるとのことです(この記事を書いているのは、2022年11月2日で、昨日、つまり2022年11月1日から切り替わったので、全体像およびパーセンテージ等は不明な点が多く、修正される場合もありますので、参考値としておいてください)。

 

 しかし、通常コースで聴きたい曲を選べないという点については、われわれ利用者にとっては、耐えがたいですね。

 

 Amazonミュージックのアンリミテッド(unlimited)では、好きな曲を指定して、好きなだけ鑑賞できます。

 

 

 これは、アマゾン側の都合による実質的な値上げのようなもので、年額が4,980円だったものが、今後、月額880円ということで、年あたりにすると約2倍になったわけです。

 

 ですが、その代わりに、聴くことが可能な音楽の曲の数が、約200万曲から1億曲(!)と、大幅に増えました。このメリットに加えて、さらに、音質も改善されました。

 

 

 昔は、昭和の終わりごろからCDが1枚で約3,000円の時代がありましたから、それを3枚ほど買う金額を1年間にAmazonに支払って、1億曲が聴き放題で、なおかつ、映像作品も観られるわけで、値上げといっても、ふつうにCDやDVDを購入するよりは、遙かにお買い得と言えるのは、間違いなさそうですね。

 

 



 

当サイト音楽記事とのつながり

 

 当サイトで扱う音楽記事で取り上げる曲についても、通常のコースでは、事実上、聴けなくなりました(聴きたい曲名を押しても、シャッフル順なので、何分、あるいは何十分も、それ以外の曲を聴いてからでないと、登場しない)。

 

 

 そのため、ここに記しましたとおり、音楽記事でご紹介する曲を聴く場合は、Amazonミュージックの有料のアンリミテッド(unlimited)というコースを指定し、Amazonのトップ画面から専用のアプリをダウンロードして、聴ける環境を整えてください。よろしくお願いします。

 

 

 音楽を愛する者、そして、アセンションに向けて、波動を高めるために音楽を暮らしに取り込んでいくわたしたちにとっては、多少の金銭的な負担をしつつも、べつのどこかで節約して、心を豊かにする点を優先させたいところです。

 

 

 

 わたしはさっそく、切り替えました。


 個人的にも利用できないのは寂しいですし、また、何より、アセンションに向けた音楽系の記事を書いても、再生できない状態であれば、紹介のしようがないからです。

 

 

 

まとめ

 

 

 というわけで、Amazonミュージック以外の便利かつ安価な媒体を活用されている方には、今回のお知らせは該当しませんが、Amazonミュージック利用中または今後利用予定の方のためには重要なお知らせという意味もあり、急きょ、記事を投稿しました。

 

 

 社会的には、まだまだ混乱しているようにみえますが、めざめの低い地球人に向けた「早く、めざめよ!」とのメッセージの意味が強い局面です。

 

 

 まともに報道された内容を真に受ける方も、ここを訪れる読者には少ないと思いますけれども、たしかに、あれは、まともにみるものではなく、「世の中の不正や不穏なニュースは、何が真実かを知るきっかけにして、波動を高める目的で有効に活用しなさい」と、(アセンションを支援している)宇宙の根本創造主が、ほほえみながら、わたしたちを見守ってくれている姿を想像してみるとよいでしょう。

 

 

 

 

★モーツァルトの穏やかな音楽編 3選!!★

 

 

★J.S.バッハの聴きやすい音楽 BEST5!!★

 

 

 

 

 

 

サイト名 : 一人を生きる -希望の彼方に-

 

スポンサーリンク