一人を生きる -希望の彼方に-

セミリタイアした男が、激動の時代、一人をどう生きるかを問うブログです。節約、健康、恋愛、スピリチュアルなど多彩なテーマを扱います。

【2020年以降】地球の次元上昇(アセンション)はあるのか?

 

 

今年、2020年も、はや秋を迎える地点まで来ました。

 

 一説によると、西暦2012年にアンドロメダ星人が延長したとされる地球の次元上昇(アセンション)は、いったいどうなったのでしょうか?

 

 当時は一気に世界の闇が粉砕され、地上天国が実現する、と喧伝されていました。

 もちろんそれは虚構ではなく、現実に進行していましたが、ライトワーカーを含めてさえ、全世界でたったの30万人しか次元上昇できないとなれば、今回の地球のアセンションを管轄していた銀河連盟も、延長せざるを得ない状況下にありました(2012年12月に、巨大なUFOと思しき三角形の物体が、太陽に接近しエネルギー調節をしている様子が映像として出回っています)。

 

 

 このとき宇宙は人類の自由意志を尊重するため、あえて公式には発表しなかったために、多くの人が「目に見える」現実にしか目を向けなくなり、いったんは沈静化したかのように思われました。

 

 

 

  

 

f:id:a-cosmos:20200820115156j:plain



 

2020年以降の展望 

 しかし、闇の勢力は、いずれ地球を去ることは確かです。

 この世界の波動(振動数)が上昇しているからです。

 

 事実、インターネット上には、スピリチュアルにかんする言葉があふれ、通販などが普及したことも手伝い、書籍で購入するのも簡単になりました。以前は、書店でも精神世界のコーナーや隅に押しやられる扱いを受けていたスピリチュアルでしたが、日常のファッション感覚で接することができるような時代になりました。

 

 この8年のあいだに、本来の意識と力を取り戻した方々、闇から光にめざめて転向した方々も急増しています。

 

 ですが、わたしたちは、そこで満足せず、さらなる探究と進化を続ける意気込みを示さなければなりません。

 

 

 

宇宙からの支援が得られる理由

 これは、宇宙から降り注ぐエネルギーを受けて自発的な目覚めを起こした人類の力ばかりではなく、アセンションを達成できるとみなした宇宙人たちからの支援も行われており、恩典です。その宇宙人たちも、実は、古代の地球創成期にかかわりが深かったために、今回の地球の次元上昇(アセンション)に介入が許されているのです。

 

 

 このような情勢を鑑み、地球以外の惑星に移住して、新しい文明を築こうとしているグループもいるようです。3次元から4次元レベルの惑星で超管理社会を構築できそうな惑星が彼らの望みであるようです。

 これは、たんに分離の法則が作用しただけの話で、善悪をきっかりと付けるべき問題ではなく、その人の魂のレベルでの好みが、決断材料となるわけです。

 

 

 ですから、わたしたちは、3次元を生きながらも、目に見えない領域で起きている事実をしっかりと見極めながら、波動が異なる者たちと分離を起こしつつ、新しい5次元世界へと旅立っていかなくてはなりません。

 

 

 

意識が現実化する法則

 

 世には、(破壊だけで終わるような)天変地異が起きるとか、超監視社会が完成に近づくなどという説が流布されているようです。

 

 しかしながら、それは、多くに人間たちが本気でそれを望まなければ現実化しません。そのような恐怖をあおる言説を真に受けて「恐れ」の状態にとどまるか、もっと希望に満ちた未来を思い描くか。それは、各個人の判断に委ねられています。ここでも、意識が現実化する法則が効いています。

 

 本来なら日本の首都東京で開催されていたはずのオリンピックは延期となりましたが、自宅でゆっくり、スピリチュアルの探求をして、意識を3次元レベルに限定しないような発見をしましょう。ヒントは神様が、いたるところにちりばめてくださっています。わたしたちの人生は、そのヒントを見つけ、各自に与えられた個性によってそれを再発見し、伸長させていく旅なのです。

 

 

f:id:a-cosmos:20200820115031j:plain 

 

 

太陽フレア爆発はあるか?

 

 希望的な観測情報によると、2020年内に、太陽フレアが爆発して、闇が溶解し、地上天国が誕生するともいわれています。ですが、それさえ、確定事項ではなく、われわれの意識の持ちようで、いかなる結末もありなのかもしれません。

 

 決まっている未来を、ただひたすら待ち続ける人生に、意味があるでしょうか。

 

 一日も早い地球の次元上昇を望んでいても、あせりの感情は持たないことです。

 日々、着実にアセンションの階段を上昇していくだけです。

 暮らしの中で継続的に5次元的な思考を実践に移すのがよいでしょう。

 

 

 

【まとめ】

 

 ただ、昨今における太陽の科学的な測定結果からも太陽のエネルギーは増強していますし、今夏、外出して直射日光を浴びたときに、これまでの太陽光線とはどこか違うエネルギーの強化が感じられるのも事実です。

 

 エネルギーが高次元によって意図的に引き上げられているとしたら、この機会にこそ、アセンションの入り口にいよいよ全人類が立たされるのかもしれません。

  

 いつの日か、そう遠くない未来に、わたしたちが今生で3次元地球の最後期に転生してきて、すてきな取り組みに参加できたことを誇らしく回想できる日が、やがてやって来ることを切に願っています。