一人を生きる -希望の彼方に-

スピリチュアルな観点から、一人をどう生きるかを語るブログです。                                               地球の激動期にあたる現代に、3次元と5次元のはざまで孤軍奮闘する方々に、真実探求と役立つ情報を、希望とともにお届けします。                 スターシードの自覚がある方、UFOや超常現象に興味のある方、自然界や芸術に癒されたい方、大歓迎です!

ワンタッチ式のネクタイは、あると重宝!!

 

 ワンタッチ式のネクタイは、あると重宝!!

 

 

 

ビジネスマンには、必須のアイテムといえば、スーツですね。
そのスーツにつきものなのが、ネクタイ。切っても切れない仲と言えます。

 

 

 

 

 

 

 たまにしかネクタイをつけない生活はつらいよ

 

 たしかに、「クールビズ」の登場によって、夏のあいだは、着用しなくなりはしたものの、ビシッと決めるには、やはりネクタイ有りでしょう。

 

 しかし、スーツの記事でみたように、『スーツは、入社式と早期退職の辞令交付式にしか着なかった』というオチもあり得ます。

 

 

 

★着られなくなったスーツ、ワイシャツを売る方法★

 

 

 このわたしも、事実それに近いものがありました。2~3年に1回あるかないかの出張。

 

 出張先が大都市だと、行ってみると、おのぼりさん丸出しといった感じにならないように、珍しく着慣れないスーツを着る。

 

 その慣れないスーツで行くJRや飛行機での旅は、きついですよね。

 

 モビルスーツを着た感じがします。身動きが取れないですし。

 

 

 

f:id:a-cosmos:20201030114739j:plain

 

 

 

 そんな場合、クールビズ期間は除くとしても、ネクタイの選び方は、どうなるの?という疑問に答える形で、考えてみました

 

 

 ネクタイは、最初は練習したら絶対いいでしょう。
 しかしながら、ほかの作業と一緒で、年に1回の行事などは、1年経つと、忘れがちになります。

 

 

 それと同じで、スーツを着ない生活を長年続けていて、急な出張を命じられると、汽車に乗る朝になって、非常に焦りを覚えます。

 

 その焦りのなかでネクタイ結ぼうとすると、どうしても結び目がおかしくなってしまいます。一人なので、まわりにはだれも聞く人もいない。

 

 苦し紛れに、適当に形作ってピンチを切り抜けたりもしていました。

 

 

 

 ほんとうに、たまにしかネクタイをつけない生活は、最初の頃は、つらかったです。

 

 

 

ワンタッチ式のネクタイという商品を見つけた!! 

 


 すが、その後、ネットで調べていくうちに、いい商品を見つけたのでした。

 

 

 ワンタッチ式のネクタイです。

 

 

 当時はまだ、全国展開している洋服チェーン店でさえ、店頭に置いていませんでしたから、非常に重宝していました。

 

 通販でワンタッチ式のネクタイを注文して数日後に届くと、確かに、その名のとおり、ワンタッチ式で、かんたんなボタンでパチッと留める方式の製品でした。

 

 

 これなら、数年に1度を急に命じられても、動じないな、と思ったものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

購入するなら、一式取りそろえたほうがいい

 

 そして、もし、買うとなったら、人生のさまざまなステージにおいて、迅速に対応ができるように、慶事用、弔事用、一般用(2種類)で購入したほうが、絶対にいいです。

 

・慶事(

 

・弔事(

 

・その他一般(青色赤色のものなど数種類)

 

 

 

 現在では、セット販売はなくなっているようですが、それぞれの種類を選んで購入することが可能です。

 

 

 少し値が張るような商品もありましたが、最初に安い物をと思い、安物を買ってしまった結果、いかにも生地がペラペラで、結局、丈夫な物を買い直すはめになってしまいました。

 

 

 

 

 

f:id:a-cosmos:20200928165858j:plain


 

 

 

 ですから、ある程度の初期投資は覚悟して、極端に価格が安いものには手を出さないほうが安全でしょう。

 

 

 上記でご紹介しているノットノットというメーカーの製品は、ワンタッチ式のネクタイのなかでも、品質が高く、壊れにくい特徴があります。

 

 他社の製品と比べて、値段が高い分、すぐに壊れてしまい買い換えるリスクは非常に少ない、というのが、実際に使用していたわたしの感想です。

 

 ご参考までに。

 

 わたしはそれで、ゆうに10年以上はもちましたから、けっして高い買い物ではなかったと思います(現在でも使用可能な状態で保管しています)。

 

 

 

 

 何より、気持ちが安心!!備えあれば、憂いなしです。

 

 

 もっとも、服装についてだけでしたが。仕事にまつわる雑念はいっぱいでしたので、せめて、服装ぐらいは余裕でいなければという当時の思いはありました。

 

 

 

f:id:a-cosmos:20201030114817j:plain


 

 

★あなたは転職派? 退職派?!★

 

 

 

実は、セミリタイア~老後のためにも、ワンタッチ式のネクタイはおすすめ!

 

 

 これからネクタイを買う予定のある方、普通のネクタイをたくさん買ってしまったがこの記事を読んで(?)、今後の精神安定のために買いたくなった方、あと、このブログの主題でもあるのですが、老後を意識し始めた方は、ネクタイの結び方がわからなくなるかもしれません。
 
 人間の脳は20歳を過ぎればピークアウトするので、ある程度若いうちに用意しておいたら、あとから助かるでしょう。

 

 

ワンタッチ式ネクタイを使用するときの注意点

 

 出張先で、よく旅慣れている方が、食堂で、ネクタイをワイシャツの左側のポケット入れているのを見かけました。

 

 食事中に、大切なネクタイが、麺類などの器に入り、タレがネクタイに触れないように、配慮しているのでした。

 

 たしかに、旅先で、洗うのは面倒ですし、代替品を持って行くにも荷物になってしまいます。そこで、そういう配慮があるのだと感心させられたものでした。

 

 

 しかし、ワンタッチ式ネクタイには、唯一の弱点があります。

 

 ボタンで留める部分の一部に金具が付いているため、その部分が劣化したり、はげたり、さび付く危険があります。

 

 旅先でボタンが留められなくなれば、もはや使用不可能。

 

 普段から、ボタンがきちんと留まるかどうかチェックをおこたらないようにしましょう。

 

 

 そして、旅先ですから、地の利がないと、ネクタイを扱っている店舗を限られた時間内に探すのは困難ですので、最初から、スペア(予備)のワンタッチ式のネクタイを入れてから旅に出発すれば安全ですね?

 

 

 

f:id:a-cosmos:20200928165936j:plain

 

 

 便利な物は、使いましょう。そうしたら、もっとあなたにとって大事だと思うことに集中できます。

 

 

 【まとめ】

 

 わたしは、ビジネスマン時代の遺産、当時慌てて買ったワンタッチ式のかんたんなネクタイで、セミリタイア後の老後も、なんとか、まかなえそうな感じです。長期的にみれば、なんともお買い得でした。

 

 就職したらあまりネクタイを使用する機会がなかったとか、人事異動によりネクタイより作業着やつなぎのお世話になる場面が多くなりそうな場合は、まさに今回ご紹介したように、ワンタッチ式のネクタイを考えてみてください。家にあると重宝されること請け合いです!

 

 3K労働(きつい、きたない、きけん)で穴が開いたりちぎれたりする作業着やつなぎなどは、ひんぱんに買い換えなくてはならなくなるからです。

 

 ネクタイでおしゃれするのを控えた分は、それらの購入経費に充てるなど、うまく工夫すれば節約につながります。

 

 そのささやかな節約の積み重ねが、あなたがもしセミリタイア生活を望むのであれば、その日を早めてくれるでしょう。

 

★あなたもこれで人事異動が怖くなくなる!!★

 

 

 

 

 それでは、この記事でネクタイの悩みが少しでも軽くなっていただけたら、その分、好きなことをしましょう!

 

 

 そうです、せっかくの人生ですから、たのしんでください!!

 

 享楽に耽溺するとか、刹那的に生きる、という意味ではないです。

 

 地に足を着けてしっかり一人分の人生を生きた人には、たとえ人生が終わったように思えても、次の瞬間には終わっていなかったことに気付くだろう、と信じています。

 

 

 

 

スポンサーリンク