一人を生きる -希望の彼方に-

セミリタイアした男が、激動の時代、一人をどう生きるかを問うブログです。節約、健康、恋愛、スピリチュアルなど多彩なテーマを扱います。

セミリタイア後は、部屋に笑顔を飾ろう!!笑顔のカレンダー大作戦

 

 笑顔のカレンダー大作戦

 

 

 

 

 笑顔って、いいですよね?

 でも、セミリタイアして、ずっと一人だったら、笑顔がありませんよね。

  

 

 そんなときは、どうしたら、いいでしょうか。

 

 

 1.ボケと突っ込みを1人でやる、一人漫才をする。

  

  

 2.笑顔のカレンダーなどを貼る

   ネットからダウンロードした画像でもいいです。

  

 

 1.は、若くて元気のいいときならいざ知らず、年をとると、そんな元気もなくなるものです。

 

 そんなとき、いい方法がありますよ。

 

 それが、2.の方法です。

 

 

 
 名付けて、
- 笑顔のカレンダー大作戦 -

 

 何かにつられて、思わず笑っていまうことって、ないですか?

 ありますよね。

 

 なかには、上司のつまらないギャグにしかたなく、顔を引きつらせながら愛想笑いを浮かべたことは一度や二度ではないでしょう。職場や宴会では、心の底から、陽気に笑える場面は限られています(自分が上司になったときは、部下の顔を引きつらせる寒いギャグは言わないようにしましょう)。

 

 

 それを応用して、自宅(自室)に、笑顔のカレンダーを貼るようにします。

 

 大作戦というのも大袈裟かもしれませんが、なかなか、気付きそうで気付かないと思うので、「笑顔のカレンダー大作戦」と名づけました。

 

 セミリタイア後に、ポスターや写真をわざわざ買うと、節約になりません。あれもこれもといっているうちに、放縦な性格に崩れていくおそれがありますから、それを阻止するためにも、あえて大作戦と銘打ちました。

 

 

 

表情は笑顔で

 セミリタイア後に欠ける、笑顔の要素を、自身に植え付けるのが狙いです。

 理由はよく分からなくてもいいので、とにかく笑っているカレンダーの写真部分があれば、それを利用します。

 

 

家の動線上に張り巡らす

 自室の中はもちろん、家の中を歩く動線上に、貼りすぎない程度に、さりげなく、数枚を貼り付けます。

 そうしたら、あら不思議!

 つられて笑い顔になります。

 

 いやなことがあってもダメージを軽減できますし、普段から、楽しい気分に自然のうちに導いてくれます。

 

 これなら、かんたんにできるし、心身の状態を正常に保ちます。結果として、自律神経が癒やされ、快適に暮らせること請け合いです。

 

 

独居している高齢者は表情に乏しい

 

 

 独居している高齢者は、訪問を受けても、初動の反応に笑顔がない。表情に乏しいのです。それは、人と会うことが少ないから、表情を作る筋肉が衰えるのと、「笑顔のカレンダー大作戦」を知らなかったことが原因と判明しました!
 
 雇用されていた時代でも、高齢者に接する機会にはそのように感じていましたが、それは、ほかならない、未来の自分の立場でした。つまり、予備軍というわけでした。 
 
 
選挙の結果でも証明済み 
 選挙でのポスターは笑顔の候補者に票が流れるとよく言われます。それは、笑顔=許容、という図式で脳が処理するためです。自分が認められている、受け入れてもらえているという安心感が出るからです。
 ところが、一人で暮らしていると、笑顔に出会えないために、気分が不安定になりがち。
 それだけなら感傷で済まされますが、自律神経の不調につながると、偏頭痛、肩こりなど、新たな体調不良を招く原因になってしまいますので、ぜひ、暮らしに取り入れましょう!

 

 

 

www.hitoriwoikiru.com

 

 

 

反対のことをやってみれば、効果がわかる 

 これを読んで、

 

 「たいした話じゃねえだろ、ほんとかよ?」

 

 と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 もし、効果を疑うのでしたら、怖い写真とを貼り替えて、比較してみたらわかるでしょう。

 

 想像力の豊かな人であれば、わざわざ張り替えなくても、頭のなかでイメージしたたで、答えを出せるにちがいありません。

 

 

ベスト3を発表!!

 では、具体的には、どんな写真がよいのか?

 

 答えは、次のとおり、これがベスト3でしょう!

 

 
第1位  笑顔の人(1人 または 集合体)の写真
 
 
第2位  笑っている(ように見える)動物の写真
 
 
第3位  青空を背景に、桜が咲いている風景写真

 

 

 

 

 次に、具体的に、分析してみましたので、ごらんください。

 

【分析】 

 

 ↓

 

第1位  笑顔の人(1人 または 集合体)の写真

 

 

f:id:a-cosmos:20200902152250p:plain

 

 人を癒やすのはやはり人だ、と古くから言われています。

 好きなタレントでもいいですし、知り合いや家族でも可です。

 しかし、特定の人物の感情移入しすぎるのもよくありません。依存心が芽生えるからです。そのため、集合体の写真がいい場合もあります。

 

 それは、使い終わった月のカレンダーの写真を切り取って、貼るのも効果があります。どこかの観光名所で、直接は知らない観光客がくつろいでいるところがいいかもしれません。

 

 この何枚かを、使い分けます。

 

 

 

 

第2位  笑っている(ように見える)動物の写真

 

 

f:id:a-cosmos:20200902152330j:plain

 

べつに写真は、人でなくて、犬や猫でもいいです。

 どちらかというと、動物のほうが、特定の対象に気持ちが行かないので、好きな動物の写真が写っている、使い終えたカレンダーなどを切り取る方法です。

 

 ただ、笑っているように見える動物は、代表格としては、犬になります。

 もちろん、ほかの動物でもかまいません。あなたの好きな動物にしましょう。

 

 

 

第3位  青空を背景に、桜が咲いている風景写真

 

 

 

f:id:a-cosmos:20200902152405j:plain

 

 見た瞬間に、はっとする、うわぁきれいと思えるような景色(南国の浜辺とか、紅葉とか、青空を背景にした満開の桜とか)も、人の気持ちを和らげてくれます。 

 

 

 

 

【まとめ】

 

こういうのは、やってみて損はないです。

 

 さらに、先にふれたように、動線上に貼ることで効果をアップさせます。

 

 学芸祭などのときで、画用紙に矢印(→)を描いて、廊下や階段に貼り、フードコーナーはここですよ、といった誘導するポスターがあったと思います。そのようにしたら、笑顔の連続で、どんなに落ち込んでいても、通り過ぎる間に一度ぐらいは、気持ちが明るくなるでしょう。

 

 

 こうした、ささやかな行いが、世界を救う原動力になることだってあるのです。

 

 世界に笑顔が増えたらどうなるか、考えてみてください・・・世界じゅうに幸福感がひろがりますよね?

 

 

 まずは、あなたから、はじめましょう!

  

 

 

 それでは!